【Coma-z】 サイト制作話 【誕生篇】



このサイトを作るあたって、まず理由を述べなければならない。

それはちょっとしたイタズラ心だ。
しかしながら、このサイトの形態はイタズラというにはちょっと破壊的かもしれない。

 

『権利』の値段があまりに高すぎる

 

 9000円―37000円。

「Getty images」が僕の写真につけた値段だ。
Getty images は凄く有名な写真サイトで世界中のプロカメラマンが所属している企業でもある。
個人的な感覚だが、ナショナル・ジオグラフィックとGetty images が写真業界のトップではないかと思う。
僕はGetty imagesで自分で撮った写真を並べて商用利用することができる権利売っている。
言わば一部権利譲渡というこの形式がロイヤリティフリーと言われている。

 ・ ロイヤリティフリーとは 事前に取り決められた使用許諾範囲内であれば所有権に関する追加の使用料を免除されている著作物の事を指す。

 

僕が売っている写真の内の一枚。夏の薬師岳の早朝の景色。


 最初に述べておくが、プロカメラマンに混じって写真で商売しているからと言って彼らと同じレベルのスキルがあるかと言われれば、そんなものは無い。

もちろん簡単にGetty imagesに出品できるわけでもない。
当たり前だがクオリティーと肖像権等の法律面をクリアした写真だけがそこに並ぶ。僕の場合は単純に運が良かっただけだ。
高額な値段も僕がつけたものではなくGetty imagesが決めたものだ。(一応高額な評価をしてもらったのでうれしくはあるが…)
とは言え、重ねて述べるが僕の写真が素晴らしいわけではない。高額な値段のワケはGetty imagesのブランディングコントロールにあるというのは誰にでもわかる。

 
そして本題だ。
Getty imagesが僕の写真につけた値段。
9000円―37000円、これは果たして適切だろうか。
僕の見解ではあまりに高すぎる。

こんなことでは誰も買わないし、現に未だ1枚も売れていない。

 

権利の相場について考える

値段が高いと思ったとき、他の業者を調べるのは間違いじゃない。
売り方だったり、技術的なことだったり、被写体の種類だったりと。
僕が調べたのは相場だ。
僕を含め、写真で商売している人間は販売チャネルを複数もっている。あるサイトでは300円で売ってるものが別のサイトでは3000円で売ってたりするのはよくある話だ。なんてひどく不安定な相場だろう。
そこでふと、この相場を壊してみたらどうなるのか気になった。そこからの行動は早かった。
僕は5分後にはワードプレスでサイトを作り始めていた。
このサイトで掲載されている写真は全て1000円以上で取引されているものばかりだ。もちろんGetty imagesに出品している写真もある。
先述で一枚も売れていないと述べたがそれはGetty imagesに限ってのことで、他の販売チャネルではちゃんと売れているので品質もそれなりだ。
そうした作品達(あえてこの言い方で!)を無料で配るにしろ、僅かなりでもリターンは欲しい。

よって、Web広告を導入することで運営費を賄い、それを元手に無料画像をもっと増やしていこうと思う。

そして、ここに商用利用可能な無料画像サイト

「Coma-z」の発足を宣言する。

なんて堅苦しい書き方をしてみたけど、もう少し柔らかな文章を心がけてブログでも書こうかなと思ってます。
以上、終わり。

 

 

coma-z

写真は無料で配布しております。写真は商用利用可能です。

あわせて読みたい